のほほんブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 読んだ本、「花だより」みをつくし料理帖 特別巻

<<   作成日時 : 2019/02/12 08:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

予約していた本が回ってきた。

画像本編終了から4年少しが過ぎたんだね。
懐かしい
つるやの面々、小野寺数馬、
それから晴れて吉原の大門を出た野江のその後、
そして、澪はどうしているのか‥

浅利の佃煮、蕨餅、から汁、江戸の赤味噌…と、
それぞれの身に懐かしく蘇る味。
大坂の白味噌で育った澪でも、6年間江戸で食した赤味噌を口にすると
その頃がよみがえってくるのだ。
ましてや、ずっとずっと食べて親しんだものは、何物にもかなわないだろう。

「食は人の天なり」

食べる人のことを思ってこその、食。

この言葉が心に響いた。


ポチッとね。
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
読んだ本、「花だより」みをつくし料理帖 特別巻  のほほんブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる