のほほんブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 読んだ本『友罪』

<<   作成日時 : 2018/07/04 19:37   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

心を許した友はあの少年Aだった・・

画像それを知ったらあなたはどうする?
しかも、ただの過失ではない、
猟奇的殺人・・・
それでもやっぱり友人でいられるか?
過去を見ないで今だけを信じられるだろうか。

世間は無責任だからね、
過去をほじくり出して追い立てまわす。
そして結局は関わり合いたくない。
中途半端な同情では全ては受け入れられない。

罪を犯した者は一生苦しみながら償っていくのか、
前を向き幸せになろうとしてもいいのか、
加害者やその家族は幸せになってはいけないのか。。。

正直、加害者やその家族が幸せでいるのは心穏やかではないだろう。

仕方が無いと思う、
それだけのことをしたのだから・・
どんなに悔いて更生したところで、過去が消せるわけではない。
それが精神障害だったとして、
自分が加害者の家族なら、無関係では
いられない。
本の中の寮長の山内さんは、息子が無免許運転で小学生3人も死なせてしまった過去があり、
彼は家族離散を自ら選び、少しずつ賠償金を送り続けている。
どんな生き方をすればいいのだろう、
許してもらえる日が来る事はないだろうが、
それが彼が出来る遺族への贖罪なのだ。



映画の方はどうなのかな・・・



523ページ、
結構分厚かったけど、一気に読めた。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
大雨ですか〜!
被害がないことを祈ってま〜す!
すずめ
2018/07/06 21:14
すずめさんへ、
我が家、大丈夫です!!
ご心配いただき、ありがとう。
やっこ
2018/07/07 11:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
読んだ本『友罪』  のほほんブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる